日暮里路地 Tシャツ 半袖

日暮里路地 Tシャツ 半袖

¥4,800(税込¥5,184)

返品不可
商品番号 : KST007-218
シリーズ : その他
素材 : 綿 100%
原産国 : バングラデシュ
出荷予定日 : 2018年08月19日

カラー・サイズを選択してください。

COLOR:ホワイト3


> サイズ表を見る

S
個数1

裾上げ寸法を選択

必ず“注意事項”をご確認下さい。

  • 1
お気に入りに追加
M
お気に入りに追加
L
個数1

裾上げ寸法を選択

必ず“注意事項”をご確認下さい。

  • 1
お気に入りに追加
XL
お気に入りに追加


  • この商品について問い合わせる

商品説明

東京 日暮里で約70年、ジーンズ作りにこだわり続けているエドウインの歴史と背景が感じられる限定フォトTシャツ。

「路地裏」
通りまで張り出した植木やトタン板、住人の息遣いが色濃く感じられる路地も今では珍しい光景となりました。
近所付き合いが少なくなった現代でも日暮里には人の温かみが残っています。
1947年の創業以来、エドウインもこの地でまわりの人の温かみに支えられています。

エドウインの旗艦店である「EDWIN DENIM GALAXY日暮里」が10周年を迎えました。
10周年を記念し、エドウイン創業の地である東京 日暮里をテーマにしたフォトTシャツが数量限定で発売。
元POPEYE副編集長でファッション誌PLEASE編集長を務める北原徹氏が今回の企画のために撮り下ろした日暮里の街並みをプリントしました。
華やかな部分だけではない、東京のもう一つの魅力である下町の路地。
東京 日暮里で約70年、ジーンズ作りにこだわり続けているエドウインの歴史と背景が感じられる1枚です。

【北原徹プロフィール】
マガジニスト。フォトグラファー。「PLEASE」編集長。FM-FUJI「PLEASE JOGIN」パーソナリティ。
元「POPEYE」副編集長。「週刊 SPA!」「anan」「POPEYE」「クロワッサン」などの編集に携わる。
2016年3月9日にファッション誌「PLEASE」を創刊。編集ディレクションから写真撮影、文章、さらには営業に至るまでをひとりで行う。
また、男性誌、女性誌を超えたスタイルは世界でも珍しい。
フォトグラファーとしては「POPEYE」時代からファッション撮影を始め、俳優のポートレイト、インテリアや表紙なども撮影。
現在では「PLEASE」のファッション撮影のほぼすべてのほか、雑誌、カタログ、広告など精力的に撮影している。
イタリアのデザイナーGeoffrey B. Smallの100回目のパリコレを記念した写真集が刊行されたばかり。

日暮里路地 Tシャツ 半袖の一覧はこちら

USER REVIEWユーザーからのコメント

この商品に寄せられたレビューはまだありません。

レビューを評価するにはログインが必要です。