理想の1本が見つかる! 春のデニムコーデ Vol.06 SOMETHING STANDARD STRAIGHT

EDWIN / SOMETHINGから毎回1本のデニムをピックアップ。その厳選デニムにぴったりなコーディネートをフィーチャーしつつ、スタイルアップ効果や着用感、こだわりのディテールもお届けするこちらの企画。Vol.6では、コンサバなジャケットとも相性抜群な、SOMETHING スタンダードストレートをご紹介します!

SOMETHING
STANDARD STRAIGHT

  • TOPIC 1
  • Style Up
体型を選ばない
スッキリ見えする定番シルエット

SOMETHING スタンダードストレートは、体型を気にせず誰にでも着こなしやすいベーシックな1本。ウエストから膝にかけて前身頃を狭くデザインすることで、細見えするシルエットを実現。大きめのバックポケットがヒップを小さく見せる効果も。

front
skinny Denim front
ストレートの美シルエットが
下半身をスッキリ見せる!
back
skinny Denim back
ヒップをコンパクトに見せる
大きめのバックポケット
report

「ややゆとりがあるデザインなので、リラックスしたはき心地。お尻や太ももを上手にカモフラージュしてくれる、頼りになるアイテムです。柔らかな生地感と絶妙な色合いは、春夏の着こなしにいい感じにハマりそう!」

エディターS
  • TOPIC 2
  • Coordinate
ジャケット+デニムコーデは
“こなれ感” がカギ!
TOPIC 2 Coordinate
明るい色みとフィットしすぎないストレートシルエットが抜け感を演出するデニムは、ジャケットと合わせて知的な大人カジュアルを完成させて。インナーにはスタイリングにリズムを加えるボーダー柄をセレクト。ジャケットの袖をたくし上げ、カットソーの柄をチラッと覗かせれば、こなれ感が倍増します。ダークカラーのジャケットでスタイリングを引き締めた分、バッグやヒールはレディのムードを高めてくれる、ほんのり甘いパープルをトーン違いで投入。きれい色が加わるだけで、コーデが見違えるほど華やかに。 *パンツ以外のコーディネートアイテムはスタイリスト私物
Photo: Shoichi Muramoto, Styling: Sayoko Hamaguchi, Text: Madoka Koizumi

Back Number

  • 2019.04.12 Update

    vol.05

    vol.5SOMETHING TIGHT STRAIGHT

  • 2019.05.10 Update

    vol.07

    vol.7SOMETHING SLOUCHY

  • 2019.05.17 Update

    vol.08

    vol.8

    FRENCH NOUVEAU ROOMY SLIM