閉じる

Vol.10 笠井紀美子

"メイド・イン・ジャパン"のブルージーンズ、『EDWIN』。
日本から発信するジャパンクオリティとして、世界のファッションシーンからも注目されているデニムブランドだ。
そんな『EDWIN』がお届けする、世界に通用するハイクラスでハイクオリティジャパニーズサウンド、それが"Blue Music"である。

良くも悪くも、相対する意味を持つ"Blue"という言葉。
ココではさまざまなイメージを想像させてくれる、日本が世界に誇るジャパンクオリティなグッドミュージックを"Blue Music"として紹介してゆく。

この上ないトーキョー感を感じるシティでポップなアーバンサウンドが素晴しすぎるハイクラスブルーミュージック!

アーティスト:笠井紀美子
アルバム:『TOKYO SPECIAL』

素材提供:ソニー・ミュージックレーベルズ

レーベル:CBS/SONY
発売年:1977年
■TRACK LIST
A面 B面
01. バイブレイション(LOVE CELEBRATION) 01. TOKYO SPECIAL(MANHATTAN SPECIAL)
02. やりかけの人生 02. 木もれ陽(SEQUOIA FOREST)
03. 夏の初めのイメージ 03. テイク・ミー
04. ベリー・スペシャル・モーメント 04. 待ってて(LAID BACK MAD OR MELLOW
05. 人はそれぞれ(JUST ANOTHER LOVE SONG)
■TRACK LIST
A面
01.バイブレイション(LOVE CELEBRATION) 02.やりかけの人生 03.夏の初めのイメージ 04.ベリー・スペシャル・モーメント 05.人はそれぞれ(JUST ANOTHER LOVE SONG)
B面
01.TOKYO SPECIAL(MANHATTAN SPECIAL) 02.木もれ陽(SEQUOIA FOREST) 03.テイク・ミー 04.待ってて(LAID BACK MAD OR MELLOW)

今回ご紹介するブルーミュージックは、ジャズシンガー笠井紀美子が1977年にリリースしたアーバンフィーリンなアルバム『TOKYO SPECIAL』。

60年代中盤からヴォーカル活動をはじめ、70年代初頭にはジャズシンガーとしてその名を馳せていた彼女。同時代に活躍していたソウル/ゴスペル派で歌い上げ系のしばたはつみとは対局の、セクシーかつクールに歌うヴォーカルスタイルの彼女。

そんな彼女が、70年代の音楽業界まわりで注目されていたサウンド、ニューミュージックに挑戦したのがこのアルバムなのだ。

プロデュースは、音楽プロデュース界の父 酒井政利と彼女本人。

すべての曲の作詞を、音楽家 加藤和彦の妻で作詞家の安井かずみが担当し、アレンジを日本を代表するジャズピアニスト鈴木宏昌、演奏は鈴木”コルゲン”宏昌率いるColgen Bandが担当している。

さらに、作曲には山下達郎、鈴木勲、筒美京平をはじめ、横倉裕、矢野顕子などが参加。演奏には日野皓正、伊集加代子、村岡建、岡沢章、松木恒秀など、日本屈指のミュージシャンたちが参加した、まさに名作中の名作だ。

おススメは、山下達郎プロデュースによる「バイブレイション」。
元々は、細野晴臣プロデュースでリンダ・キャリエール(Linda Carriere)のために「LOVE CELEBRATION」としてつくられた本曲。しかし、リンダ・キャリエール バージョンはヴォーカルの出来が思わしくなということで、残念ながらデモのみでお蔵入りとなってしまった。それを山下達郎が、1978年にリリースした通算3作目となる自身のアルバム『GO AHEAD!』に収録。
そんな曲に、安井かずみが日本語バージョンとして作詞し、「バイブレイション」として収録したという、かなりいわくつきの曲なのだ。
ハネるベースにクチャクチャなカッティングギター、タイトなドラム、都会感あふれるホーンセクションに女性コーラス、鈴木”コルゲン”宏昌による神業とも言っていい素晴らしすぎるアレンジが、さらなるアーバンサウンドへと進化させた名曲中の名曲で、まさにブルーミュージック。

そして、筒美京平プロデュースによる「夏の初めのイメージ」。ディスコサウンドに精通し、アップリフティングなサウンドの印象が強い筒美京平だが、ライトでメロウがグルーヴがとにかく心地よすぎ。
彼の隠れ名曲として名高い、グッドフィーリンミュージックである。

さらに、「ベリー・スペシャル・モーメント」。
こちらはカヴァー曲で、オリジナルはアメリカの黒人女性7人組のSOULボーカル・グループ The Love Machineによるディスコミュージック。
それを安井かずみによるセツナすぎる日本語歌詞に、これまた鈴木”コルゲン”宏昌による神業アレンジより土臭さのまったくないアーバンAORサウンドへと進化。
さらに、日野皓正による鋭いキレのあるトランペット、そして、心の琴線に触れるストリングス。すべてのバランスが本当に素晴しい瞬間を与えてくれる、まさに”ベリー・スペシャル・モーメント”。

ちなみにこのジャケットの写真は、日本の女性を撮らせたら右に出る写真家はいない、巨匠 篠山紀信によるもの。

そんなわけで、溢れんばかりのシティでポップなアーバンサウンドが、トーキョーの夜に似合う。

これが世界に誇れるブルーミュージックないちまいなのだ。

カネコヒデシ(BonVoyage)
MediaDirector / Editor & Writer / DJ / Journalist
編集プロダクション"BonVoyage"主宰、社会派カルチャーなWEBマガジン『TYO magazine/トーキョーマガジン』発行人。ニッポンのちょっといい音楽を紹介するプロジェクト『Japanese Soul』主宰。
WEB、紙、空間など、さまざまなメディアを駆使して時代を編集するオトコ。
毎月第三金曜日に渋谷のBar「NIGHTFLY」にて、DJイベント『Japanese Soulナイト』を開催中!

・TYO magazine/トーキョーマガジン:http://tyo-m.jp/
・Japanese Soul:http://japanesesoul.jp/

BACK NUMBER