Vol.02 Tin Pan Alley

"メイド・イン・ジャパン"のブルージーンズ、『EDWIN』。
日本から発信するジャパンクオリティとして、世界のファッションシーンからも注目されているデニムブランドだ。
そんな『EDWIN』がお届けする、世界に通用するハイクラスでハイクオリティジャパニーズサウンド、それが"Blue Music"である。

良くも悪くも、相対する意味を持つ"Blue"という言葉。
ココではさまざまなイメージを想像させてくれる、日本が世界に誇るジャパンクオリティなグッドミュージックを"Blue Music"として紹介してゆく。

日本の音楽シーンを変えた歴史的ブルーミュージック

アーティスト:Tin Pan Alley
アルバム:『キャラメル・ママ』
レーベル:PANAM
発売年:1975年
■TRACK LIST
A面 B面
01. CARAMEL RAG 01. SHE IS GONE
02. CHOPPERS BOOGIE 02. ソバカスのある少女
03. はあとぼいるど町 03. JACKSON
04. 月にてらされて 04. YELLOW MAGIC CARNIVAL
05. CHOO CHOO GATTA GOT '75 05. BALLADE OF AYA
■TRACK LIST
A面
01.CARAMEL RAG 02.CHOPPERS BOOGIE 03.はあとぼいるど町 04.月にてらされて 05.CHOO CHOO GATTA GOT '75
B面
01.SHE IS GONE 02.ソバカスのある少女 03.JACKSON 04.YELLOW MAGIC CARNIVAL 05.BALLADE OF AYA

今回、ご紹介するのは、スーパー音楽ユニットTin Pan Alley(ティン・パン・アレー)の1975年にリリースされた記念すべきファーストアルバム『キャラメル・ママ』。

あえて“スーパー”と付けたのは、日本の音楽シーン、、、とくにポップスミュージックシーンを変えたといっても過言ではない、最重要音楽ユニットであるからだ。

メンバーは、72年までバンド、はっぴいえんどのメンバーとして活動していた細野晴臣と鈴木 茂、そして当時、アレンジャー、プロデューサー、そしてスタジオミュージシャンとして活動していた林 立夫、松任谷正隆(松任谷由実の夫)による4人組。

彼ら自体は、もともと前身グループであるキャラメル・ママというバンド名で活動していたが、このアルバムを機に名前をTin Pan Alleyに変更。しかも、元のバンド名をアルバムタイトルにしたという、、、ちょっとややこしい作品である。

本作は、メンバーの4人がそれぞれのプロデュース作品を2曲ずつ持ち寄ってアルバム化させたモノ。

そういった作品でもあるので、とにかく、曲によってテイストがまったく異なっているというのも、この作品の特徴であり、おもしろい部分のひとつである。

なんと言っても、とくに「YELLOW MAGIC CARNIVAL」だろう。
おそらく、この曲で初めて” YELLOW MAGIC”という言葉を世に放ったという、歴史的最重要トラック。プロデュースは、もちろん細野晴臣。
彼の十八番でもあるさまざまなジャンルの音楽をごた混ぜにした”チャンキー”なサウンドで、ふんわりと体毛をゆらすようなドンチャカ系ミドルビートに、オリエンタル感?というか、コスモポリタン感がたっぷりなメロディーが気持ちいいナンバーである。

そして、ユーミンこと荒井由実が作詞作曲をおこない、編曲&ヴォーカルが松任谷正隆というメキシカンな夫婦ナンバー「月にてらされて」。
メキシカンと言っても本場感あふれる天井知らずな陽気さはなく、なんとも哀愁というか、ノルデスチ感あふれるというか。つまり日本の歌謡シーン特異のワビサビメロディをあわせもつ、まさにオリエンタルミュージックで、いい感じのユルさがたまらない、まさにユーミンサウンドの真骨頂である。
声を聴けばわかるというのもすごい話だが、山下達郎と大貫妙子のコーラスワークもすばらしすぎ。

林 立夫プロデュースの「SHE IS GONE」は、「本当に日本人がつくったの?」と疑うくらい超がつくほどのアーバンなAORサウンド。このすばらしいヴォーカルは、ゴールデン・カップスのキーボーディストだったジョン山崎、そしてコーラスに桑名正博&晴子兄弟という濃ゆいメンバーが参加。
ミドルビートなセツナグルーヴが身にシミる。

さらに、鈴木茂プロデュースのボサノヴァサウンド、「ソバカスのある少女」。この心に沁みこむような歌詞は松本隆によるもの。掛けあい的なゲストヴォーカルには、永遠のシティボーイこと南佳孝が参加。
そのやさしく包みこむようなサウダージすぎるサウンドが、ポッカリと空いた心の隙間をうめてくれる、日本を代表するジャパニーズボッサグルーヴである。

そんな感じで、この盤を語らずして、現在の日本のポップスシーンを語るなかれ!と言っても過言ではない本作。

それまでの日本の音楽シーン、歌謡シーンを完全にひっくり返した、日本音楽史上、超がつくほど最重要なブルーミュージックなのである。

カネコヒデシ(BonVoyage)
MediaDirector / Editor & Writer / DJ / Journalist
編集プロダクション"BonVoyage"主宰、社会派カルチャーなWEBマガジン『TYO magazine/トーキョーマガジン』発行人。ニッポンのちょっといい音楽を紹介するプロジェクト『Japanese Soul』主宰。
WEB、紙、空間など、さまざまなメディアを駆使して時代を編集するオトコ。
毎月第三金曜日に渋谷のBar「NIGHTFLY」にて、DJイベント『Japanese Soulナイト』を開催中!

・TYO magazine/トーキョーマガジン:http://tyo-m.jp/
・Japanese Soul:http://japanesesoul.jp/

BACK NUMBER