欧州でも人気の「メイドインジャパン」コレクション。
春夏新コレクションのローンチにあたり、東京をベースにグローバル向けのWEBマガジンを展開する
sabukaru.online チームによるLOOK BOOKを公開。
エドウインデニムの伝統的職人技と現代の都会生活との共存・融合を表現している。
今シーズンの「メイドインジャパン」コレクションでは定番のボトム3型 (ストレート、レギュラーテーパード、スリムテーパード)に対し多様なデニム素材を展開、 14oz レッド×ホワイトセルビッチデニム、13.5ozのダークピュアインディゴ(レインボーセルビッチ)、 14ozのブラウンコットン、12.5oz ブルーストレッチ、グリーン×ホワイトのセルビッチデニム、ブラック×ブラックのストレッチデニムなど 世界的に有名な日本綿布やカイハラと共同開発されたオリジナルデニムを使用している。

また、今シーズンはデニムだけでなくクルースエット、ラグランフーディ、クラッシックTシャツなど ワードロープの基本トップスアイテムがデビューする。 本コレクションはロンドン、ベルリン、パリ、ミラノ、東京、大阪のエドウインショップ限定で購入可能。
Photographer: Nicolas “Yuthanan” Chalmeau
Models: Ryoma Nagata, Keita Utsumi
Production: ビアンコBianco
DOP: Aki Kurasaki
Assistance: Peter Obradovic